column
テレアポはきつい?テレアポがしんどい・病む理由やメリット等を解説!

「テレアポはきつい・しんどい」「テレアポのパート・アルバイトはストレスで病む」
上記のように、テレアポに対してネガティブな印象を持っている方も多いのが実情でしょう。
確かにテレアポにはきつい面もあり、楽しいと感じられる人の方が少ない仕事かもしれません。
しかしテレアポには魅力的な面も多数あり、イメージだけで敬遠してしまうのはもったいない仕事なのです。
そのため今回は、テレアポをきつく感じる理由やテレアポに向いていない人・向いている人の特徴、テレアポのメリットを解説します。

なぜテレアポは
きついと感じてしまうのか?

なぜテレアポはきついと感じてしまうのか?

ここでは、テレアポがきついと感じてしまう理由を以下の3つに整理して解説します。
1. 断られ続けるから
2. 単純作業の繰り返しだから
3. ノルマのプレッシャーがあるから

テレアポは断れ続ける仕事であるから

テレアポは基本的に断られ続ける仕事であり、そのことがきついと感じる方が多くいます。
テレアポの成功率は数%程度だと言われており、1日中電話をかけ続けていても1件アポが取れるかどうかなのです。
大半の相手には早い段階で断られ、丁寧に対応してもらえることはほとんどありません。断られるだけならまだ良いのですが、時には怒鳴られたり暴言を吐かれたりするようなこともあります。
また、掛けた瞬間に電話を切られてしまう、いわゆる「ガチャ切り」をされることも日常茶飯事です。
暴言やガチャ切りを受けると自分自身を否定されたような感覚になり、数回程度なら耐えられても、何十回、何百回と繰り返される内に大きなストレスになり得ます。
さらに、すぐには断られなくても、「自分が歓迎されていない雰囲気」が伝わってくるだけでもきついものです。
特に電話をかけることにまだ慣れていない段階では、精神的に非常にきついと言えるでしょう。
断られ続けて精神的に余裕を失っている中で、明るくハキハキと話さなければならない点をきついと感じる方が多いのです。
テレアポを続けるためには、どれだけ断られても仕事だと割り切って、次の電話をかけられるか否かが重要だと言えるでしょう。

単純作業の繰り返しがあるから

単純作業の繰り返しがある点も、テレアポがきつい理由の1つです。
テレアポは基本的に多くの数をこなす必要があり、最初は1回1回の電話に緊張していたとしても何度も繰り返しているうちにどうしても単純作業になりやすいです。
長く続けていると電話相手のタイプはある程度類型化できることに気づき、新鮮さが徐々に無くなってしまうこともあります。
単純作業を繰り返すだけだと退屈で時間が経つのが遅く感じ、きついと感じる方も多くいます。テレアポの仕事を単純作業にしてしまわないためには、工夫して仕事をすることが大切です。

<テレアポを単純作業にしないコツの例>
・トークスクリプトのバリエーションを増やし、試してみる
・自分なりのノルマを設けて、それをクリアすることに喜びを見出す
・テレアポに有効な心理テクニックを少しずつ覚え、実践してみる

テレアポに有効な心理テクニックには、以下が例として挙げられます。
・ドア・イン・ザ・フェイス
難しいお願いをして断られた後、もう少しハードルを下げたお願いをすると受け入れてもらいやすくなる
・バックトラッキング法
相手が話したことに対して同じ言葉を使って、オウム返しすることで、親近感を抱いてもらいやすくなる

テレアポを単純作業にしないためには、新しいことを自分でどんどん作っていくことが大切だと言えるでしょう。
新しい話し方を考えたり心理テクニックを身につけたりすることで、テレアポが上達して仕事が楽しくなってきて…と好循環を生み出せたら理想的です。

ノルマのプレッシャーがあるから

テレアポにはノルマが設定されていることも多く、プレッシャーがきついと感じる方もいます。
テレアポのノルマとは、例えば以下の通りです。

<テレアポのノルマ例>
・1日5件のアポを取る
・1日100件の電話をかける

上記の内、「〇件のアポを取る」というノルマは通常のテレアポ成功率から言って実現困難なことも多く、できないことを強要されるストレスは非常に大きいでしょう。
ノルマを達成できていないと上司からくり返しトレースを受け、更にストレスが溜まってきつくなります。
また、ノルマを達成できない場合にペナルティを課せられる職場もあり、ノルマのプレッシャーは相当に大きいと言えます。
「自分は手を抜いている…」との思いから徐々に後ろめたさを感じてしまい、ストレスとなってしまう方がいることでしょう。

テレアポに向いていない人

テレアポに向いていない人は、以下の人です。

<テレアポに向いていない人>
・人の話を正面から受け止めてしまう人
・深く考え込み重く内省してしまう人

人の話を正面から受け止めてしまうことは日常生活においては決して短所ではなく、周囲から信頼されることも多いでしょう。
しかしテレアポにおいて相手の話を真面目に聞き過ぎてしまうと、怒鳴られたり暴言を吐かれたりした際に大きなストレスを感じてしまいます。
深く考え込み重く内省してしまうことも通常では決して悪いことではありませんが、残念ながらテレアポに向いている性格ではありません。
テレアポにおいて電話相手から好意的に受け入れられることはほとんど無く、アポ獲得に至らないことが大半です。
そのため、うまくいかないたびに深く考えて内省していては、どんどんきつい状態になってしまうでしょう。 テレアポを長く続けていくには、気持ちの切り替えを上手にする必要があるのです。

テレアポに向いている人

テレアポに向いている人は、以下の様な人です。

<テレアポに向いている人>
・ストレスに強い人
・マイペースな人
・コミュニケーション能力が高い人
・とにかくポジティブな人

テレアポを続けていくうえでは、ストレス耐性があることが非常に大切です。
ちょっとしたストレスに負けていては、テレアポの仕事を続けることはできません。
ストレス耐性があまりなかったとしても、マイペースに仕事ができる方はテレアポに向いています。
相手からどんな対応をされても気にならなければストレスは溜まらず、通常の精神状態で仕事を続けていけるでしょう。
コミュニケーション能力が高い方も、テレアポの仕事に向いていると言えます。
テレアポでは初対面の相手と顔を合わせることなくトークしなければならないため、一定以上のコミュニケーション能力が必要です。
コミュニケーション能力が低いと会話をうまく進められず、より多くのストレスを感じてしまいます。
テレアポを続けていくうえで大切な資質としては、ポジティブであることも挙げられます。
例え相手からどんなことを言われても、どんなにテレアポがうまくいかなくても前向きに考えられる人は切り替えが早く、失敗や嫌な経験を引きずりません。

テレアポで得られるメリット

テレアポで得られるメリットには、以下が挙げられます。
<テレアポのメリット>
・報酬(時給)が高い
・インセンティブがある会社もある
・勤務時間が比較的柔軟
・服装が自由
・営業力が身につく
・相手のニーズを把握するスキルが身につく
・丁寧で正しい話し方が身につく
・ビジネスマナーが身につく

きついことが多いテレアポの仕事ですが、その分多くのメリットがあると言えます。
大変なだけあって時給は比較的高く、中には目標達成時にインセンティブがもらえる会社もあります。
勤務時間や服装が比較的自由な点も、魅力的だと感じる方は多くいるでしょう。
また、テレアポは続けることで、様々なスキルが身につく仕事でもあります。
テレアポにマイナスイメージを持っている方も多くいるでしょうが、自分の成長を考えた時には有力な選択肢の1つなのです。

まとめ

テレアポは断られ続ける仕事であり、単純作業が続くと非常にきついと感じる方も多くいます。
さらにノルマのプレッシャーが重なれば、大きなストレスを感じることもあるでしょう。
そのため人の話を真面目に聞き過ぎる方はあまり向いておらず、マイペースだったり前向きな方がテレアポには向いています。
きついことも多いテレアポですが待遇面は良いことが多く、自分の成長にもつながる魅力的な仕事だと言えるでしょう。