column
テレアポ代行_費用

テレアポ代行を依頼する時に気になるのは料金体系。希望のアポイント数を獲得するために、おおよそどのくらいの金額がかかるのか、最初はわかっていた方が安心できますよね。特に初めてテレアポ代行に依頼する場合、実際のテレアポ費用以外にどういった費用がかかるのかも気になるところ。この記事では、テレアポ代行の一般的な料金体系と、サービスを比較するポイントについて解説いたします。

テレアポ代行とは

テレアポは、一番最初に見込客を獲得するための営業手段として、いまだに多くの会社が取り入れている電話でのアプローチです。最近では、テレアポのみをアウトソーシングする会社も増えてきており、その営業代行業務を行っているのがテレアポ代行です。テレアポ代行に依頼することで、自社のリソースを商談以降の営業活動に割り振ることができるため、営業活動の質が高くなります。
また、テレアポ代行の高いスキルで獲得したアポイントは成約への期待も高いと言われており、最近では利用する会社も増加傾向にあります。

テレアポ代行の料金体系は一般的に3種類に分類

テレアポ代行には、大きく分けて3種類の料金体系が設定されています。
それぞれの料金体系に特徴があり、どういったアポイント獲得を依頼したいのか、そのくらいの期間でアポイントが欲しいのかによって、選ぶ料金体系も変わっていきます。

成果報酬型

テレアポ代行では最も一般的な料金体系です。
アポイントが1件取れるごとに料金が発生し、コール数に対して料金は発生しません。
例)10件のアポイントを依頼した場合
1件あたり10,000円 ✕ 10件 =100,000円
1件のアポイント費用は会社によって変わってきます。平均相場は10,000円〜15,000円と言われています。安いところでは、5,000円というところも。
成果報酬型のメリットは、最初に全ての金額がわかっているため安心感があるところ。費用に対して確実なアポイント数が獲得できるため、社内の稟議でも通りやすいのが特徴です。
デメリットは、質の悪いアポイントでも1件と換算されてしまい、費用対効果が悪くなってしまったり、営業効果が下がってしまうことも。
しかし、アポイントが取りにくい案件の場合、コール数に対しての費用はかかりませんので、成果報酬型を選んだ方が低コストです。

月額固定型

コール数やアポイント数に関係なく、月額で固定料金が発生する料金体系です。
月額固定の場合はテレアポ以外にもコンサルティングや調査などもセットになっているところが多く、アポイント獲得をしながらマーケティングも行いたい場合などに向いています。
メリットは、自社のテレアポがうまくいっていない場合の調査分析や、コンサルティングなども行ってくれるため、自社の営業面の問題点なども同時にアドバイスしてもらえる点です。
デメリットは、やはり成果に関係なく料金が発生するため、アポイントがない、コンサルティング内容がずれている、などあまり結果が出ない場合もあります。
月額固定制は、休眠顧客の掘り起こしや、自社アポイントのスキルアップ、アポイントが取れない時の原因究明やデータ分析など、テレアポや営業面全体の問題に取り組む時に便利です。

コール課金型

コール課金型は、獲得アポイント数に関係なく1コールに対して金額が発生する料金体系です。1コールあたりの価格は代行業者によって変わりますが、平均の相場だと100円〜120円前後と言われています。
メリットは、3つの料金体系の中では1アポイントあたりの費用が安く済むこと。少ないコール数で複数のアポイントが取れれば、単価もかなり安く抑えることができます。
さらに、全てのリストに対してコールしてくれるため、BtoCのような大量のリストがある場合は、自社の少人数で行うよりもコストが安く済む可能性も高いです。
デメリットは、やはり思うようにアポイントが取れない場合でも、料金が発生してしまうこと。また、どの程度のコール数でどのくらいのアポイントが取れるかの目安がわからないので、欲しいアポイント数に対する費用を想像しにくいところです。 少しでも多くの数のテレアポを行いたい、BtoC向けのテレアポの場合はコール数の方が向いている場合が多いですね。

法人向け(BtoB)・一般消費者向け(BtoC) 
テレアポ代行を利用するメリット

テレアポ代行_メリット

テレアポは、BtoC向けと言われることも多いですが、実はBtoBでもかなり有効利用されています。それぞれの営業形態におけるメリットをご紹介いたします。

BtoBでテレアポ代行を利用する
メリット

BtoB営業のテレアポに必要なのは、
・専門知識の有無
・ビジネスマナー
・高いトークスキル
このような、専門的な技術が必要です。BtoCとは違い、特にビジネスマナーがなっていないような会話では受付すら突破することもできません。
自社の新入社員に任せていては、有効なアポイントを獲得するのはかなり厳しいです。
テレアポ代行なら、幅広い分野での専門知識も豊富で、しかもトークスキルの高いアポインターが揃っています。質の高いアポイントを短期間で確実に獲得したいのであれば、テレアポ代行は非常に有効です。

BtoCでテレアポ代行を利用する
メリット

BtoC営業でテレアポ代行を利用するメリットは、自社では行えない大規模なテレアポを行えること。しかもスキルの高い精鋭が大人数でテレアポを行ってくれるため、質も高い多くのアポイントを獲得することができます。
また、テレアポ代行を利用することで、商談以降のような本来の営業業務に集中できるため、自社の営業担当者のスキルアップも期待できますし、時間を有効活用できて営業担当者のストレスも軽減できます。

サービスを比較する際のポイント

テレアポ代行を外部委託するにあたり、料金だけで選んでしまうと後悔することにもなりかねません。少しでも自社に合ったテレアポ代行に依頼するために、それぞれのサービスを比較する際のポイントをご紹介いたします。

経験豊富なスタッフが
在籍しているか

テレアポ代行を選ぶポイントでまずチェックして欲しいのは、実際にテレアポを行うアポインターはどういった方が在籍しているかという点です。
例えば、営業経験があるスタッフを採用しているかどうか、スカウトはどういったところから採用しているのかどうか、雇用形態は正社員かどうか、在籍しているアポインターの人数などをチェックします。
より質の良いアポイントを獲得できるかどうかは、アポインターのスキルにかかっています。優秀な人材が在籍している会社を選びましょう。
また、BtoB営業のテレアポであれば、依頼したい内容の分野に特化したスタッフが在籍しているかどうかも重要です。

トークスクリプトはどのように
作成されるか

テレアポによるアポイントの獲得は、トークスクリプトの内容で決まるといっても過言ではありません。
優秀なアポインターと綿密に作成されたトークスクリプトがある会社は、アポイント数はもちろん、契約に有効なアポイントを獲得することができます。
テレアポ代行を選ぶ時にチェックしたいのは、このトークスクリプトをどういった方法で作成しているかという点です。
誰が作成しているのか、どういった方法で作成しているのか、何種類くらい作成してもらえるのか、などトークスクリプトについては詳細まで確認しましょう。
トークスクリプト専任者や、コピーライターが作成している場合もあります。
過去の経験や実績、トークスクリプトの改善方法など、トークスクリプトについての説明が多いところほど、力を入れている証拠ですので、情報をたくさん開示しているところを選びましょう。

進捗を随時共有し、
すり合わせを行ってくれるか

テレアポ代行を利用すると、アポイントを獲得する際に得た情報を色々と提供してくれるのもメリットの一つ。獲得できなかったアポイントについての分析や、現在のアポイント状況についても情報提供してもらえます。
ただ、この情報提供は会社によって回数や対応が違います。
例えばアポイントがあまり獲得できていないと、トークスクリプトの内容がズレているのではないかと不安になりますよね。 そんな時、一度内容を確認し、ズレている部分について修正してくれるテレアポ代行の方が助かりますよね。
トークスクリプトの修正可能回数や、現在の進捗状況の報告回数など、どのくらいの頻度で情報を教えてもらえるのか、修正はどの程度可能なのか、しっかりと確認しておきましょう。ズレたままで修正できないと、アポイント獲得数に大きな差がでてしまいます。
気づいた時点ですぐに修正しているところを選びましょう。

自分たちの課題に最適な
料金体系を選べるか

テレアポ代行の料金体系は、前述した3つの種類がほとんどです。
ただし、全ての料金体系を採用しているかどうかは会社によって違います。
成果報酬型がメインのところがほとんどですが、多くの料金体系があり、自社にあった料金プランを選択できる方が嬉しいですね。
成功報酬型かコール数型か、この2つの料金のどちらを選んだ方がいいか、それぞれ会社によって提案が違うと思います。各会社の説明を聞いて、一番納得できるところに依頼しましょう。

テレアポ代行ならディグロス

初期費用・固定費用0円で初めての方でも安心して依頼できるテレアポ代行です。
テレアポ代行だけでなく営業代行も行っているため、豊富な知識・経験のあるスタッフが多数在籍しています。

アポイントからの成約率が
平均30%以上

事前にしっかりアポイント先を調査してからコールするため、獲得したいアポイント先に合わせた、有効なトークを行います。商談から成約に繋がるアポイントを多く獲得することを目標としているため、成約率はなんと平均30%以上。アポイント後の商談がスムーズに運ぶアポイントが期待できます。

アポイント数の
コミット達成率94.9%

営業商談経験豊富な人材の採用と、1,000社以上の営業支援実績によって、確実にアポイント数を獲得できる優秀な人材を育成。アポインターのレベルが高いから、アポイント数のコミット達成率はなんと94.9%。より有効で質の高いアポイントを確実に獲得いたします。

利用しやすい料金プラン

ディグロスはアポイント獲得ごとの課金制となるので料金がシンプル。アポイント件数さえ決めておけば、最初のに提示された金額のみでそれ以外の費用は一切かかりません。
アポイントの数も10件と少数から依頼可能。初めてでとりあえず少ないアポイントで試してみたいという方にもおすすめです。

支援実績は
1,000社以上

スタートアップ企業から上場企業まで、幅広い分野の営業代行業務を行っており、なんとその数1,000社以上。不動産や保険、IT企業や人材派遣サービスと、様々な専門職種のテレアポを行っています。
自社では補えない分野の新規顧客開拓は、テレアポ代行に依頼した方が時間もコストもかかりません。