column
テレアポ代行とは

「テレアポ業務が大変だから外注したい。でも、テレアポ代行会社がどこまでの業務をやってくれるのかわからない。」
そういったお悩みにお答えしていきます。
実際、営業マンにいろいろな業務と併用してテレアポを行わなければいけないため、営業マンの負担になっている可能性があります。
今回は営業マンの業務軽減と営業経費削減の効果のあるテレアポ代行の基本的な説明と、 テレアポ代行サービスの特徴を詳しく解説していきます。

テレアポ代行とは

テレアポ代行とは、見込み客や案件を商談ベースに乗せるために行う面談アポイントを獲得するための委託会社のことです。
どれだけ素晴らしい商品を持っていても、商品を宣伝するための商談アポイントを取ることができなければ、商品の良さを伝えることができません。
テレアポ代行会社では商談の第一歩であるアポイントを取り、社内で分業体制を作ることができます。

テレアポ代行サービスを利用するメリット

テレアポ代行サービスを利用するメリットは以下の5つです。

レスポンスが早くなる

テレアポ代行サービスを使えばレスポンスのスピードが上がります。理由はテレアポ代行サービスがテレアポのみに業務を集中させているからです。
会社で働く営業マンはどうしても多くの業務を同時進行で行っているので、レスポンスが遅くなってしまうことがあります。 しかし、テレアポ代行サービスであれば常に電話対応の準備が整っているので、電話を逃すことはほぼありません。

営業経費の削減

テレアポ代行すると営業経費の削減を行うことができます。テレアポは商談を取るためにとても重要な業務です。
そのため、多くの会社ではコストをかけて力を入れていることでしょう。具体的にテレアポの影響でかかってしまう経費は以下の通りです。
・研修スタッフ
・テレアポ業務スタッフの人件費
・パソコン
・電話機
・電話料金
しかし、テレアポ代行サービスを使えば上記の経費が必要なくなり、固定コストを大きく削減することができます。

テレアポのプロに
任せることができる

テレアポ代行サービスで働くスタッフは、毎日テレアポのみに専念して業務を行っています。そのため、テレアポ代行会社で働くスタッフはテレアポのプロばかりです。 テレアポのプロに業務を頼むことによって、なかなか商談に掛け合ってくれない見込み客でもアポを取ることができる可能性が上がります。

より効率的に
PDCAを回すことができる

テレアポ代行サービスを利用すると、より効率的にPDCAを回すことができます。理由はテレアポの代行サービスと徹底的に話し合うことで、改善点が見つかるからです。
テレアポ代行サービスの中には、テレアポ代行サービスを提供するだけでなく、その後の商談状況まで確認する会社もあります。
商談状況まで確認するテレアポ代行会社は、そのデータを基にトークスクリプトの改善などの提案してくれる可能性が高いです。
そのため、テレアポ代行会社を利用すると、テレアポに関してより効率的にPDCAを回すことができます。

営業マンは営業活動に
専念できる

営業マンの重要な仕事は新規顧客を獲得し、販路拡大を行うことです。しかし、日常の営業活動を行いながら、テレアポ業務を行うのはかなり大変です。あまりにも忙しすぎると大きなミスをしてしまい、大切なチャンスを逃してしまう可能性があります。
しかし、テレアポ代行会社にお願いすれば、テレアポのプロがミスなく丁寧に業務を行いアポイントを獲得します。

テレアポ代行サービスの3種類の料金体系

テレアポ代行_料金体系

テレアポ代行サービスは以下の3種類の料金体系に分かれています。

成果報酬型

成果課金型とはアポが1件取れるごとに成果報酬を支払う料金システムです。そのため、アポが取れない限りは何度電話をかけても料金が発生しません。
【成果報酬型の具体例】
・30,000円(アポイントメント単価)×10件(アポイントメント件数)=300,000円

一部成果報酬型とは

一部成果報酬型とは文字通り一部の料金体系が、成果報酬型になっているシステムです。固定で支払わなければならない料金体系は、コール課金型など様々です。
種類も豊富なため、こちらでは一例を紹介していきます。
【一部成果報酬型の具体例】
・固定料金=月10,000円
・アポイントメントに成功した際に追加報酬
・10,000円(成果報酬単価)×10件(テレアポ成功件数)=100,000円
・10,000円(固定料金)+100,000円(成果報酬)=計110,000円

コール課金型

コール課金型とは、1コール毎に料金が発生する料金体系です。少ない架電件数でアポイントが獲得できれば、費用を安く抑えることができます。
【コール課金型の例】

・1コール=150円
・150円×50件=7,500円

サービスを比較する際のポイント

テレアポ代行サービスに業務委託をお願いする際は以下の点に注意しましょう。

経験豊富なスタッフが
在籍しているか

テレアポ代行サービスを選ぶ際は、経験豊富なスタッフが在籍しているかどうかを確認するようにしましょう。
テレアポを成功させるには、交渉テクニックなど個人の力量にかかっている要素が含まれていることが多いです。
そのため、できるだけ実績を残しているテレアポ代行会社を選ぶことをおすすめします。

トークスクリプトは
どのように作成されるか

アポイントを獲得する上で、お客様と電話対応する際にお手本となるトークスクリプトは重要です。
実際、トークスクリプトが入念に作られているかによって、アポイントの取れる確率が変わってしまう可能性もあります。
そのため、テレアポ代行会社を選ぶ際は、話し合って各会社に最適なトークスクリプトを作成してくれる会社を選ぶようにしましょう。

進捗を随時共有し、
すり合わせを行ってくれるか

代行会社に業務を委託する際は、進捗状況をこまめに連絡してくれる業者を選ぶことをおすすめします。
理由は現状を把握しておく必要があるからです。
販売する商品や業務内容は各会社によって大きく異なります。そのため、代行会社とのやり取りが少ないと意見や方針の不一致が起きてしまう可能性があります。
お互いの方針が噛み合わないとテレアポに成功する確率が下がってしまう可能性があるので、こまめに連絡をくれるテレアポ代行会社を選ぶようにしましょう。

自分たちの課題に最適な
料金体系を選べるか

代行会社を選ぶ際の最後の決め手として、料金体系に注目することをおすすめします。理由は会社によって料金体系や値段など異なる点が多いからです。
具体的には以下の点に注目するようにしましょう。
・コール課金型と成果報酬型のどちらか
・初期費用がいくらかかるか(コールスタッフの教育費やトークスクリプトの作成代など)

テレアポ代行ならディグロス

テレアポ代行をお探しならテレアポ代行サービス「ディグロス」はいかがでしょうか。
ディグロスには4つの強みがあります。

①成約率平均30%以上

ディグロスが取ってきたアポイントからお客様が相談を行った場合、平均30%以上の確率で商談が成立します。
これほど高い数字を出せている理由は、当社の強みである事前調査です。
ディグロスではアポイントの電話を入れる前にターゲットの事前調査をします。そして、入念に情報を集め終えたところでコールを実施します。
このように事前準備を行うことで、ディグロスではアポイントメントの交渉を行う時にはすでに、ターゲットがお客様の商品やニーズを具体的に想像できるようになっています。
そのため、その後の商談も上手くいきやすいです。

②お客様リピート率94.6%

ディグロスはお客様からの満足度も高いためリピート率は94.6%を超えています。こちらは業界トップクラスのリピート率です。 これほどの高いリピート率を可能にしているのには4つの理由があります。
1.多種多様なジャンルや業界で実績を持っている。
2.スタッフ採用率5.8%と厳しい採用基準を設けている。
3.100%自社スタッフのみで業務を行っている。
4.アプローチ策定から改善まで幅広くサービスを行っている。
これらの要素があるため、当社は多くのお客様からの満足度が高いです。そのため、長期を見越したご利用のお客様でも満足してご利用いただけます。

③営業支援実績企業1000社以上

ディグロスではこれまで1000社を超える営業支援実績があります。当社はあらゆる業界での経験が豊富でどのようなジャンルであっても臨機応変に対応することが可能です。
具体的に関わらさせて頂いている主要取引先は以下の通りです。
・アクアクララ株式会社
・株式会社インテージ
・株式会社ゼロイン
・株式会社DMM.com
・株式会社テクノスマイル
・株式会社トライアンフ
・株式会社ネクスウェイ
・株式会社楽天
・株式会社リブセンス
・ソニー株式会社
こちらの企業の他にも建設業界やエステサロンなどの業界でも営業支援実績があります。そのため、たとえニッチなジャンルでも一度ディグロスにご相談ください。

④アポイントメント数のコミット達成率94.9%以上

ディグロスのアポイントメント数のコミット達成率で94.9%以上を達成しています。この高い達成率を達成できている理由は、ディグロスのスタッフにあります。
当社では営業または商談経験のある人材の採用・アウトバンド事業従事者のスカウト採用を積極的に行っています。
その営業や商談に特化した採用方法で、当社には営業経験が豊富なスタッフが多く在籍していて、アポイントを獲得するためのスキルも高くなっています。
そのため、当社ではコミット達成率で94.9%以上という高い確率を出すことが可能になっています。