column

集客代行とは?
依頼できる仕事・メリットや
業者選びのポイントを解説

集客代行とは?依頼できる仕事・メリットや業者選びのポイントを解説

集客や新規開拓がうまくいかず、コストばかりかかってしまいお悩みの会社も多いのではないでしょうか。
集客の方法も多く、どのやり方が自社に効果があるのかわからないという人もいるでしょう。
集客のお悩みは、集客代行に外注することで効率的に解決できる可能性があります。
そこで今回は、集客代行の仕事内容・メリット・デメリット、業者の選び方について解説します。

集客代行とは

集客代行とは、営業の集客やマーケティング活動を代行してくれるサービスのことです。
WebサイトやSNSで見込み客を獲得するWeb集客や、テレアポなども含まれます。
集客代行に依頼することで、自社に集客のノウハウがなくとも成果を上げることが可能です。

集客の方法が多様化する現在、集客担当の専門の人材を採用するより集客代行に依頼をした方が、スピーディで効率的に新規顧客を開拓できるでしょう。

集客代行で依頼できる仕事内容

ここでは、集客代行で依頼できる仕事内容5つを解説します。

Webサイト制作

企業や商品・サービスを紹介するWebサイトを作成します。
Webサイトには以下のようなものがあります。

・ ランディングページ(LP)

ユーザーが検索などで最初に訪れる、トップページのことです。
リード獲得などのCV(コンバージョン)に結びつくため、集客に大きく影響します。

・ コーポレートサイト

企業の会社情報を紹介します。

・ ブランディングサイト

企業や商品・サービスのブランディングをするサイトです。
競合との差別化や知名度の向上に有効です。

・ プロモーションサイト

商品やサービスを宣伝するサイトです。

特に、ランディングページは集客に影響を与えます。
効果的なランディングページを作成することで、お問合せや資料請求、購入などでCVを獲得できるでしょう。

SEO集客

SEOとは「検索エンジン最適化」のことです。
SEO集客は、検索結果の上位に自社サイトを表示させることで検索エンジンからのアクセスを集め、自社サイトに呼び込んで集客することです。
自社サイトを検索結果の上位に表示させるよう対策をすることは、SEO対策と呼ばれます。
SEO集客を外注して検索上位に表示されていれば、知名度の向上が見込める反面、コストがかかる、結果が伴わない場合もあるなど、デメリットもあります。

Web広告運用

Web広告は、インターネット上に広告を表示させます。
広告をクリックすると、自社のサイトへ誘導される仕組みです。
Web広告には以下のような種類があります。

・ リスティング広告

GoogleやYahooの検索結果画面に最初に表示される広告です。
検索キーワードに関連した広告が表示されます。
広告がクリックされると費用が発生する、CPC課金です。

・ ディスプレイ広告

Webサイトやアプリにある広告枠に表示される広告です。
興味や関心がある人にのみ表示される、ターゲティング機能があります。
こちらもクリックされた時に課金される、CPC課金です。

・ SNS広告

TwitterやInstagram、Facebookなどに表示される広告です。
タイムラインやおすすめアカウント欄などに表示されます。
課金方法は、広告の表示回数により課金されるCPM課金とCPC課金が多いです。

Web広告は専門的な知識を必要とするため、外注に依頼したほうが効率的です。

SNS集客

SNS集客は、SNSでコンテンツを投稿することにより自社のブランディングや集客を行います。
フォロワーを獲得することで、キャンペーン情報の告知を拡散されるなど、知名度の向上が期待できます。
ターゲットユーザーに沿ったSNSを選択することで、効率的に集客できるでしょう。
ただしフォロワーを増やすにはこまめな更新が必要なため、手間と時間がかかることがデメリットです。

テレマーケティング(テレアポ)

テレアポも集客の一つです。
ターゲットの課題や悩みを聞きながら自社の商材をアピールできるので、アポイントを獲得できれば高い成果が期待できます。
特に、知名度が低くWebサイトやSNSなどで集客が見込めない場合に有効でしょう。
ターゲットに対して積極的に新規顧客開拓ができます。
ターゲットリストやトークスクリプトの作成が重要になるため、テレアポ代行に依頼すると効率的です。

集客代行のメリット

集客代行とは?依頼できる仕事・メリットや業者選びのポイントを解説

ここでは、集客代行のメリットについて説明します。

知識や経験豊富なプロフェッショナルに
依頼できる

集客代行は知識や経験が豊富なプロ集団です。
プロに依頼することで、確実に成果を上げることができるでしょう。
新たなプロモーションなど、自社では考えつかなかった方法で自社や自社商品・サービスの魅力を伝えることができる可能性もあります。

新規に採用するコストがかからない

集客のために新規に人材を採用するコストがかからないこともメリットです。
集客を専門にしている人材を雇うには、求人のコストや給与のコストなどがかかります。
専門知識がない人材の場合は、採用コスト以外にも教育や研修のコストがかかるでしょう。
集客の方法は多いため、自社に合った集客方法かも見定めないといけません。
外注であれば、人材コストもかからず期間を定めて依頼もできるため、コスト削減になります。

効率の良い集客ができる

成果の出る集客のために、1から勉強したり何度も方法を変えたりする必要がないため、効率の良い集客ができます。
自社で集客する場合、ノウハウがないため成功や失敗を繰り返しては方向転換するといった、無駄な時間がかかります。
集客代行に依頼すれば、やり方やノウハウを熟知しているため時間をかけずに効率的に集客できます。

集客代行のデメリット

ここでは、集客代行のデメリットについて説明します。

成果が出ない場合もある

集客代行によっては、成果が出ない場合もあります。
集客代行会社にも、得意分野があります。
特に、自社に集客方法についての知識が全くなければ、代行会社の選定も難しいでしょう。
どのような仕組みでどのような効果があるのか、自社で事前に知識を入れておくことも大切です。
自社の方針に合った代行会社を選択しましょう。

社内にノウハウが蓄積されない

集客代行会社へ依頼すると、社内にノウハウが蓄積されず自社で集客をするのが難しいというデメリットもあります。
集客代行は、集客に関する業務を一通り委任できて便利ですが、その反面、社内にノウハウが溜まらず集客の人材を育成できません。
自社での集客も考えている場合は、集客代行に依頼するとともに自社でも担当者を置いて教育をする必要があります。

集客代行会社の選び方

集客代行とは?依頼できる仕事・メリットや業者選びのポイントを解説

メリットもデメリットもある集客代行ですが、失敗しないためには代行会社の選定が重要です。
ここでは、集客代行会社の選び方を3つ説明します。

ヒアリングを重視する会社か

集客の前に、ヒアリングをしっかり行う会社かどうかを確認しましょう。
集客で成果を出すにあたり、自社の商材・サービスの内容・魅力やターゲットについて深く理解しておくことが重要です。
商材についての理解がなくては効果的な施策や効率の良い集客はできないでしょう。
事前にしっかりヒアリングを行い、成果の出る方法を考えてくれる会社を選ぶことが重要です。

自社の業界で実績があるか

自社の商材の業界で実績があるか確認することも大事です。
代行会社の経験が浅い業界の場合、商材を理解し、どの集客方法でどの施策が効果的か考えるための知識が少ないため、成果を出すのに時間がかかります。
同業他社の実績があれば、商材への理解も早く、早い成果が期待できるでしょう。
ノウハウもあるため、より効果的な施策を打ち出してくれる可能性もあります。

依頼企業の立場に立って提案してくれるか

依頼企業の立場に立って集客を行ってくれる会社を選択しましょう。
当たり前ですが、利益のために代行業務だけを行う会社は信用できません。
依頼企業の商材やターゲットを理解し、効果的な施策を考えてくれる会社を選ぶことが重要です。

まとめ

ここまで、集客代行の仕事内容・メリット・デメリット、業者の選び方を解説しました。
集客代行は、専門的な知識が必要な集客をプロに任せることで、自社で実施する以上の成果が期待できます。
集客の方法が多様化する中、専門の人材を雇うにもコストがかかります。
集客代行に依頼することで大幅な人材コスト削減も可能でしょう。
ただし、代行会社選びには注意しなければいけません。
数社に相談して比較するなどして、自社に合った集客代行会社を選びましょう。