申し込み
Column コラム

中小企業向け営業代行会社おすすめ15選【2024年7月】選び方も紹介

中小企業向け営業代行会社アイキャッチ

ノウハウやリソース不足により、営業の生産性が低下するといった課題を抱える中小企業は少なくありません。

とはいえ、ノウハウの蓄積やリソース不足を解消するには時間がかかります。

そこで営業代行会社に委託すれば、早期に課題を解決できるでしょう。

しかし、営業代行会社といっても、サービス内容や費用は異なるので、自社にマッチした委託先を選ぶ必要があります。

本記事では、中小企業におすすめの営業代行会社15選を紹介します。選び方やメリットについても解説しますので、ぜひ参考にしてください。

中小企業に最適な営業代行会社おすすめ15選

中小企業に最適な営業代行会社おすすめ15選

では早速、中小企業におすすめの営業代行会社15選を紹介します。

  1. 株式会社ディグロス
  2. 株式会社ウィルオブ・ワーク
  3. 株式会社アイランド・ブレイン
  4. 株式会社ネオキャリア
  5. 株式会社エグゼクティブ
  6. 株式会社グローバルステージ
  7. 株式会社ambient
  8. 株式会社コンフィデンス
  9. 株式会社soraプロジェクト
  10. 株式会社セレブリックス
  11. セールスギルド株式会社
  12. 株式会社ウェビー
  13. 株式会社ナビパートナーズ
  14. インプレックスアンドカンパニー株式会社
  15. コミットメント株式会

株式会社ディグロス

株式会社ディグロス
サービス内容成果報酬型テレアポ代行
テレマーケティング
料金要問い合わせ
公式サイトhttps://dgloss.co.jp/

株式会社ディグロスは、法人向けのテレアポ代行サービスを提供しています。

アポイントメント獲得とプロデュース力に特化したサポートは、業務効率化に役立つでしょう。

成果報酬型ですので、初期費用や固定費用はかかりません。

アポイント件数は10件から、期間は1ヶ月単位から契約できるので、短期間の利用を検討したい場合にもおすすめです。

年間3,400件以上のプロジェクト実績があります。

株式会社ウィルオブ・ワーク

株式会社ウィルオブ・ワーク
サービス内容営業代行・営業アウトソーシング
インサイドセールス代行支援
テレアポ代行支援
カスタマーサクセス代行支援
営業研修・セールストレーニング
料金要問い合わせ
公式サイトhttps://seiyaku-sales.jp/

株式会社ウィルオブ・ワークは、営業代行サービス「セイヤク」を運営しています。

セイヤクでは、テレアポ代行やカスタマーサクセス代行の他、営業研修やセールストレーニングも実施しています。

リソース不足に悩む中小企業はもちろん、自社ノウハウを蓄積したい場合まで、幅広いニーズに対応できるのが強みです。

株式会社アイランド・ブレイン

株式会社アイランド・ブレイン
サービス内容営業(商談)代行
料金(税込)1件につき18,150円
公式サイトhttps://www.islandbrain.co.jp/

株式会社アイランド・ブレインは、55業種・3500社以上の導入実績を持つ営業代行会社です。

完全成果報酬型なので、余計な営業コストはかかりません。

どのような業種や条件でも、料金は一律です。サービス内容の変更やリストやエリアの追加は無制限で対応しているのも嬉しいポイントです。

最低商談件数は1件から対応しています。1件につき18,150円ですが、商談件数の上限を設定することもできます。

株式会社ネオキャリア

株式会社ネオキャリア
サービス内容アポイント獲得
電話ヒアリング
電話アンケート
セミナーの案内
顧客ナーチャリング
休眠顧客の掘り起こし
DM送付後のフォロー
料金初期費用:30,000円~
リスト作成:25円~/1リスト
コール制:120~550円
時間制:2,800円~/1h

月額目安:約30万円~
公式サイトhttps://bizfocus.jp/teleapo

株式会社ネオキャリアは、テレアポから商談まで、幅広い領域に対応している営業代行会社です。

課題に合わせて、サービスをオーダーメイドできます。

人材会社で培ったノウハウを元に、質の高いサービスを提供し、営業品質の向上やコスト削減を実現しているのもポイントです。

全国各地のセンターにて対応できるため、災害時のBCP対策面でも安心でしょう。クラウドCTIを採用しているので、情報共有もスムーズです。

株式会社エグゼクティブ

株式会社エグゼクティブ
サービス内容営業戦略の立案
営業部隊の管理・教育
アポイント獲得
商談実施
商談後のフォロー
カスタマーサクセス
営業ツール作成部隊の参画など
料金要問い合わせ
公式サイトhttps://executive.jp/

株式会社エグゼクティブは、BtoB企業の新規開拓営業に特化した営業代行会社です。

営業プロセスに合わせた専門部隊を設定しているので、目的に応じて好きな期間、必要なサービスだけを利用できます。

リソース不足に悩む中小企業には、全ての営業活動を代行することも可能です。

株式会社グローバルステージ

GlobaStage
サービス内容営業代行サービス
新規事業開発支援サービス
営業コールセンターサービス
テストマーケティング
料金要問い合わせ
公式サイトhttps://www.global-stage.net/

株式会社グローバルステージは、「事業開発支援サービス」と「人材採用支援サービス」を提供しています。

事業開発支援サービスの一環として、営業代行を依頼できます。

300時間以上の営業トレーニングを積んだスペシャリストが、新市場の拡大から競合他社との差別化まで、さまざまなニーズに対応しているのも魅力です。

株式会社ambient

株式会社ambient
サービス内容テレアポ代行
料金初期費用0円
1件(3コール)250円~
公式サイトhttps://ambient-co.jp/

株式会社ambientは、法人向けのテレアポ代行サービスを提供している代行会社です。

各業界のテレマーケティングを熟知した専属スタッフが、BtoB向け専門サービスやWeb業界まで幅広いニーズに対応します。

商材を細かく調査し最適なターゲットを選出するため、精度の高いアポイント獲得を実現できるでしょう。

他社が苦手とする業界での実績が豊富な他、見込み顧客を報告するのも特徴です。

株式会社コンフィデンス

株式会社コンフィデンス
サービス内容新規事業立ち上げ代行
営業代行
事業再構築代行など
料金要問い合わせ
公式サイトhttps://confidence.co.jp/

株式会社コンフィデンスは、1998年より営業代行サービスを提供している業界のパイオニアです。

営業代行は、マーケティング戦略実行型ソリューション事業の一環として提供しています。

マーケティング戦略から戦術への落とし込み、営業代行から実施・検証までワンストップサポートも可能なので、ベンチャー企業にもおすすめです。

株式会社soraプロジェクト

株式会社soraプロジェクト
サービス内容インサイドセールス代行
テレアポ代行
Webマーケティング支援
企業リスト販売
料金要問い合わせ
公式サイトhttps://sora1.jp/telemarketing/

株式会社soraプロジェクトは、BtoB企業のテレアポ代行サービスを提供しています。

業歴16年の実績と324万件ものコールデータを元に、確度の高いアポイントを提供できるのが強みです。

企業の課題を見出しから、改善・継続まで施策を展開し、架電の経過と結果を共有しています。

5年以上の経験を持つコールリーダーが、目的にマッチしたトークスクリプトを作成するので、自社ノウハウを蓄積したい中小企業におすすめです。

株式会社セレブリックス

株式会社セレブリックス
サービス内容営業代行
営業コンサルティング
マーケティング
料金要問い合わせ
公式サイトhttps://www.eigyoh.com/

公式サイト株式会社セレブリックスは、9つの営業代行サービスを提供しています。

  • デマンドセンターアウトソーシング
  • インバウンド対応支援
  • インサイドセールス支援
  • リードナーチャリング支援
  • ウェビナー・セミナー支援
  • 営業プロセストータル支援
  • テストセールスアウトソーシング
  • カスタマーサクセスアウトソーシング
  • セールスエージェントマッチング

リソース不足やノウハウの蓄積など、抱えている課題にマッチしたサービスを選べます。

正社員を中心とした、約450人の営業メンバーが、独自メソッドで支援しているのもポイントです。

セールスギルド株式会社

セールスギルド株式会社
サービス内容営業代行
営業コンサルティング
営業研修/育成
料金要問い合わせ
公式サイトhttps://www.salesguild.co.jp/

セールスギルド株式会社は、BtoB営業や法人営業の立ち上げ支援に特化しています。

伴走型で支援するため、自社内で営業ができる状況になるまで支援してもらえるのが嬉しいポイントです。

テレアポやオンラインセールス、インサイドセールス、フィールドセールスまで、幅広い領域に対応しています。

株式会社ウェビー

株式会社ウェビー
サービス内容営業代行
料金要問い合わせ
公式サイトhttps://torude.biz/

株式会社ウェビーが運営するTORUDEは、ノウハウがたまる営業代行サービスです。

成約からクロスセルまでを見越した全体設計により、属人化しない誰でも売れる体制を再現します。

専属のプロ営業コンサルタントが、ノウハウの体系化から営業の内製化までワンストップでサポートするのも特徴です。

株式会社ナビパートナーズ

株式会社ナビパートナーズ
サービス内容テレアポ代行
新規開拓営業代行
ルート営業・アフターフォロー
東京営業所代行
料金要問い合わせ
公式サイトhttps://navi-p.co.jp/

株式会社ナビパートナーズは、BtoB専門の営業代行会社です。

テレアポや新規開拓営業代行の他、ルート営業やアフターフォローまで、幅広い領域に対応しています。

なお、拠点が地方にある中小企業が、東京へ売り込みを計画している場合は、株式会社ナビパートナーズが東京営業所を代行してくれます。

営業所を開設せずに済むので、コストやリスクを軽減できるでしょう。

インプレックスアンドカンパニー株式会社

インプレックスアンドカンパニー株式会社
サービス内容組織アセスメント
マネジメントアウトソーシング
ビジネスユニットアウトソーシングなど
料金要問い合わせ
公式サイトhttps://www.imprexc.jp/

インプレックスアンドカンパニー株式会社は、さまざまなアプローチで営業の課題を解決するソリューションを提供しています。

インタビューやロールプレイングによって多面的に組織を診断し、課題を明確化してからサポートするのがポイントです。

マネジメント機能を持つ専属の営業部隊が、市場開拓のサポートもしてくれます。

コミットメント株式会社

コミットメント株式会社
サービス内容営業代行
料金要問い合わせ
公式サイトhttps://www.commitmentholdings.com/eigyo/

コミットメント株式会社が提供する「コミットメントΣ」は、全ての営業活動を代行しています。

毎月2社限定ですが、成約までコミットメントしているのも嬉しいポイントです。

料金は、売上に対する成果報酬のみなので、コストをおさえたい中小企業に適しています。

全国に12,000人いる人材で対応するので、全国展開も可能です。

完全成果報酬型の営業代行サービスなので、もし売れなければ費用は一切かかりません。

中小企業向け営業代行会社の選び方4つ

中小企業向け営業代行会社の選び方4つ

中小企業向けの営業代行会社を選ぶ際は、実績・費用感・使い勝手などを確認してください。

ここでは選ぶ際のポイントを4つ紹介します。

  1. 同業種の実績が豊富な会社を選ぶ
  2. 料金体系・費用感がマッチしているか確認する
  3. こまめに打ち合わせしているか確認する
  4. 自社が求めるサービスに対応している会社を選ぶ

同業種の実績が豊富な会社を選ぶ

まず確認したいのが、同業種の実績が豊富であるかです。

そもそも営業代行会社としての実績に乏しければ、ノウハウが蓄積されていない恐れがあります。

また、営業手法は業種によって異なるため、同業種での実績が豊富にあるかが重要です。

過去の実績は、営業代行会社のホームページから確認できます。記載がない場合は、直接問い合わせてみるといいでしょう。

料金体系・費用感がマッチしているか確認する

料金形態と費用感が自社予算にマッチしているかも確認しましょう。

料金形態特徴
固定型報酬毎月決まった報酬を支払う
成果型報酬獲得したアポイントに応じた報酬を支払う
成功報酬設定した目標を達成したときに報酬が発生する

固定型報酬は、予算を決めやすい反面、結果がでなくても報酬が発生します。

成果型報酬は、獲得したアポイント分のみ報酬を支払う仕組みです。しかし、サービス内容がアポイント獲得のみになる場合があります。

成功報酬型は、事前に設定した目標を達成したときに報酬が発生します。目標を達成できなければ、報酬は発生しません。

ですが、現実的ではない目標を設定すると、依頼を受けてもらえない可能性があります。

自社予算と照らし合わせながら、利用しやすい料金形態を見極めてください。

こまめに打ち合わせしているか確認する

さらに、こまめに打ち合わせしているかも確認したいポイントです。

営業活動を最適化するには、市場環境や消費者ニーズの変化に合わせて、柔軟に対応しなければなりません。

途中で戦略を変えたいと思っても、すぐに打ち合わせできなければ、認識にズレが生じます。

こまめに打ち合わせをしている会社なら、スムーズに情報を共有できるので、良好な関係性を構築できるでしょう。

自社が求めるサービスに対応している会社を選ぶ

自社が求めるサービスに対応しているかは、非常に重要なポイントです。

たとえば、地方の拠点をメインに営業力を強化する目的があるのに、地方に対応していなければ目標は達成できません。

海外市場で新規事業を展開するなら、海外市場に精通した営業力は必須です。

提供するサービス内容の他、エリアなども確認しておくといいでしょう。

中小企業が営業代行会社を利用する6つのメリット

中小企業が営業代行会社を利用する6つのメリット

では次に、中小企業が営業代行会社を利用するとどのようなメリットがあるのかを紹介します。

  1. 自社リソースを事業に集中できる
  2. 人件費の削減につながる
  3. 営業の質が向上する
  4. 人手不足による機会損失を防げる
  5. 売上アップ効果が期待できる
  6. 離職率の改善につながる

自社リソースを事業に集中できる

自社リソースを事業に集中できるのは、中小企業にとって非常に大きなメリットです。

営業活動は、企業の売上に直結します。

従業員数が限られる場合、営業活動にリソースを消費すると、商品開発や顧客サービスに必要なリソースが不足する恐れがあります。

営業代行会社に営業活動を委託すれば、自社リソースを有効活用できるでしょう。

人件費の削減につながる

そして、人件費の削減につながるのもメリットです。

営業力を強化するには、営業担当者を増やす必要があります。しかし、人材の確保により経営が安定したからといって、会社都合で人材調整はできません。

営業代行会社に依頼すれば、必要なときだけ必要な人数を確保できます。

さらなる売上拡大を目指すなら人員増加、経営が機動に乗り安定したら人員削減のように、人件費を変動費化できるのもメリットです。

営業の質が向上する

さらに、営業の質が向上します。

営業代行会社は、営業活動のノウハウを持っているプロ集団であり、即戦力になる人材を確保できます。

営業の質が高まれば、成約につながりやすくなり、売上拡大という目標を達成しやすくなるでしょう。

ノウハウを共有してもらえば、社内ノウハウの蓄積にも役立ちます。

人手不足による機会損失を防げる

人手不足に悩む中小企業では、営業活動にリソースを分配するのが困難なことも少なくありません。

効率よく営業活動ができなければ、機会損失につながります。

そこで営業代行会社に依頼すれば、営業活動の最適化により機会損失のリスクを防げるでしょう。

売上アップ効果が期待できる

売上アップ効果が期待できるのも、営業代行会社を利用するメリットです。

営業効率と質が高まれば、成約につながりやすくなり自ずと売上も増えます。

質の高い営業により顧客満足度が向上すれば、企業のイメージアップを図れるでしょう。

離職率の改善につながる

営業力を確保できていても、営業トップが突然離職すれば営業活動を継続できなくなる恐れがあります。

会社の売上が低下して事業の維持が困難になれば、さらに離職率を高めかねません。

営業代行会社なら、担当者の都合で変更になっても、同等の営業力を確保できます。

社内リソースを事業に集中し経営が安定すれば、離職率の改善にもつながるでしょう。

中小企業が営業代行会社を利用する注意点

中小企業が営業代行会社を利用する注意点

中小企業が営業代行会社を利用する際は、以下に紹介する3つの注意点を理解しておくことが大切です。

  1. 営業活動の透明性が低下する場合がある
  2. 自社ノウハウが蓄積されない
  3. ニッチな商材には向いていない

それぞれ詳しく見ていきましょう。

営業活動の透明性が低下する場合がある

まず、営業活動の透明化が低下する場合があるので注意してください。

営業活動を丸ごと委託できるのはメリットですが、管理も任せるため透明化が低下しやすくなります。

もし、把握しておくべき顧客の重要な情報が伝わらなければ、企業に信頼を損ないかねません。

社内でも必要な情報を把握できるように、こまめに打ち合わせをして情報を共有してください。

自社ノウハウが蓄積されない

営業代行会社を利用すると、自社ノウハウが蓄積されないことに留意しましょう。

営業力を強化できても、自社ノウハウが蓄積されなければ、自社での営業活動が困難になる恐れがあります。

将来的に自社で営業活動を行いたいなら、ノウハウを共有してもらえるかも確認してください。

ニッチな商材には向いていない

ニッチな商材には、向いていない場合があるので注意してください。

そもそもニッチな商材は、ターゲットが限定されます。

一般市場での実績が豊富でも、ニッチな商材の専門的知識に乏しければ、思うような成果をあげづらいでしょう。

まとめ:中小企業向けの営業代行は自社にマッチした会社を選ぼう

まとめ:中小企業向けの営業代行は自社にマッチした会社を選ぼう

従業員数が限られる中小企業では、リソース不足により機会損失のリスクを上昇させかねません。

とはいえ、営業担当者を雇用すると、即戦力になるまでに時間がかかります。

そこで営業代行会社を利用すれば、即戦力になる人材を確保できる他、営業の質が高まるため、売上拡大にもつながるでしょう。

本記事で紹介した情報を参考にしながら、自社にマッチした中小企業向けの営業代行会社を選んでください。

コラム一覧へ戻る

お気軽にお問い合わせください。

メール・お電話にてご説明いたします。

ご相談・お問い合わせはこちらから

お問い合わせ

お電話の場合はこちらから

03-6869-8063

お問い合わせの際は、
事前にプライバシーポリシーをご確認ください。