申し込み
Column コラム

テレアポは女性が有利?その理由と成功率を高めるポイントも紹介

テレアポ女性 アイキャッチ

テレアポは、女性の方が有利と言われていますが、果たして性別による違いはあるのでしょうか。

「女性なのにテレアポが上手くいかない……」
「女性が有利なら男性はテレアポに向かないの?」

このように思う方は少なくないでしょう。

そこで本記事では、テレアポは女性が有利といわれる理由について解説します。成功率を高めるポイントも紹介しますので、ぜひ参考にしてください。

テレアポは女性が有利と言われる理由

テレアポは女性が有利と言われる理由

では早速、テレアポは女性が有利と言われている理由を紹介します。

  1. 声のトーンが聞きやすい
  2. 良い印象を抱いてもらいやすい
  3. 優しい口調が安心感を与えられる
  4. 配慮や共感など女性脳が有利に働く
  5. 女性向けサービスなど幅広い商材に対応できる

声のトーンが聞きやすい

まず挙げられるのが、声のトーンです。

特に、電話での会話は周波数の関係で、対面時よりも声が聞き取りづらくなるケースは少なくありません。

もちろん環境や声の大きさなどによる違いはあるものの、女性は男性に比べて声のトーンが高く聞き取りやすい傾向があります。

良い印象を抱いてもらいやすい

女性は穏やかでかわいい印象、男性は強くたくましい印象を持たれやすいのが一般的です。

突然電話がかかってきたときは、このように一般的な印象を思い浮かべる人は少なくありません。

女性からの電話だとわかった場合は、良い印象を抱いてもらいやすい傾向があります。

優しい口調が安心感を与えられる

女性の優しい口調は、相手に安心感を与えるのも理由の一つです。

知らない人から突然電話がかかってきたとき、相手が男性だと、口調や声のトーンから警戒されやすい傾向があります。

女性なら、警戒心を持たれにくいでしょう。

配慮や共感など女性脳が有利に働く

そして、女性脳が有利に働くという説もあります。

女性脳は、「プロセスを楽しみながら配慮や共感できる」のに対して、男性脳は「理論的に考え結論を重視する」のが特徴です。

相手の顔が見えないテレアポでは、行動心理から女性脳が有利に働くケースがあります。

女性向けサービスなど幅広い商材に対応できる

テレアポでは、女性向け商品やサービスを売り込むこともあります。

この場合、対象は女性です。男性が電話をかけると、警戒したり不信感を持ったりされる恐れがあります。

女性からの電話なら、セールスであっても警戒されにくいでしょう。

テレアポで女性が不利になるケース

テレアポで女性が不利になるケース

テレアポでは、女性が不利になるケースもあります。ここでは、女性が不利になるケースを3つ紹介します。

  1. 相手から軽く見られるケース
  2. 決裁者が女性のケース
  3. 量をこなす必要があるケース

相手から軽く見られるケース

一般的に、声のトーンが低いほど落ち着いた印象を与えます。

女性は男性よりも声のトーンが高めで優しい口調なので、相手から軽く見られてしまうことも少なくありません。

優しい印象がある反面、軽く見られると厳しい口調で質問されたり、暴言を吐かれたりするケースもあります。

決裁者が女性のケース

決裁者が女性だった場合は、キャリアを理由に電話をかけてきた女性を格下と判断することもあるでしょう。

全てには該当しなくても、女性オペレーターや女性営業担当者を格下と判断したとき、話も聞かずに電話を切られる可能性があります。

量をこなす必要があるケース

ノルマ達成に向けて、1日に多くの量をこなす必要があるケースでは、女性が不利になる場合があります。

あくまでも一般論ですが、男性は女性より筋肉量が多いため、スタミナでは女性が敵わないことも少なくありません。

大量のテレアポをこなす必要がある場合は、稼働時間が長くなるためスタミナのある男性が有利になる傾向があります。

テレアポで女性が成功率を高める8つのポイント

テレアポで女性が成功率を高める8つのポイント

では次に、テレアポで女性が成功率を高めるためにはどうしたらいいのか、そのポイントを8つ紹介します。

  1. 声のスピードや大きさを相手の調子に合わせる
  2. 用件は簡潔に伝える
  3. 営業感の強い押し売りをしない
  4. 受け入れやすい質問をする
  5. 適切な架電時間を設定する
  6. 架電数を増やす
  7. 一度でアポが取れなくても再架電する
  8. トークスクリプトを活用する

声のスピードや大きさを相手の調子に合わせる

まず、声のスピードや大きさを相手に合わせましょう。相手の声が小さいのに、大きな声で話すと圧迫感を与えかねません。

一方で、小さすぎると聞き取りづらいので、相手に合わせてボリュームを調整してください。

テレアポでは、相手が聞き取りやすいことを意識して話すのも重要です。

しかし、ゆっくり過ぎると相手をイライラさせる恐れがあります。話すスピードは相手の調子に合わせましょう。

声の大きさやスピードを合わせれば、ストレスを感じずに会話できます。

用件は簡潔に伝える

そして、用件は簡潔に伝えましょう。

丁寧にわかりやすく伝えるのも大切ですが、ダラダラと長くなると最後まで話を聞いてもらえません。

今忙しいからと会話を遮られたり、途中で電話を切られたりする恐れがあります。

冒頭の挨拶から相手の心を掴めるまでは、30秒が目安です。ただし、早口にならないことも意識してください。

営業感の強い押し売りをしない

テレアポで、営業感の強い押し売りはNGです。

最終的な目標は成約につなげることですが、アポイントが取れなければ商品やサービスの詳しい説明ができません。

商品やサービスの説明は、営業担当者の役目です。テレアポでは、アポ取りに徹してください。

受け入れやすい質問をする

テレアポでは、相手に質問を投げかけるのもテクニックの一つです。

質問は、相手が受け入れやすい内容を設定しましょう。

たとえばアポ取りまで話が進んだとき、「いつがよろしいですか?」はNGです。

相手に考える時間を与えると、断られる可能性があります。

「◯月◯日か◯日はいかがですか?」のように、具体的な選択肢を用意すれば相手も受け入れやすくなるでしょう。

適切な架電時間を設定する

架電時間は適切に設定してください。

たとえば企業に対してアプローチするケースでは、タイミングを見誤ると話を聞いてもらえない恐れがあるからです。

始業時間直後や休憩時間、終業間際は、相手が忙しい可能性があります。

相手が個人であっても、1日在宅している人と商売をしている人では、適切なタイミングは異なります。

架電リストから相手の状況を確認し、適切な架電時間を見極めてください。

架電数を増やす

自社商品やサービスに関心のある見込み顧客でも、必ずテレアポに成功するとは限りません。

1件でも多くアポイントを獲得するために、架電数を増やしましょう。

ただし、現実的ではない目標やノルマの設定は、達成できないときモチベーションの低下につながります。

目標やノルマは、現実的な件数を設定してください。

一度でアポが取れなくても再架電する

一度でアポを取れなくても、再架電でアポが取れるケースがあります。

一度目にだめだった理由が、架電時間だった場合は、時間を変えれば話を聞いてもらえるかもしれません。

ただし、再架電には先方の了解が必要です。

先方の了解が得られれば、再架電でアポが取れる可能性が高まります。

トークスクリプトを活用する

トークスクリプトを活用してください。

トークスクリプトとは、会話の進め方が記載された台本のようなものです。

以下に具体例を紹介します。

  • 目標を設定する
  • フロントトーク
  • 本題トーク
  • クロージング

トークスクリプトは、挨拶や自己紹介に該当するフロントトークから、本題、締めの挨拶まで設定します。

なお、どのように話すのかニュアンスも設定しておくといいでしょう。

顧客ニーズは変化し続けるので、トークスクリプトは常に最適化することも重要です。

テレアポが上手な女性になる5つのコツ

テレアポが上手な女性になる5つのコツ

では最後に、テレアポスキルを高めアポイントを獲得できる女性になるためのコツを5つ紹介します。

  1. 事前調査を徹底する
  2. 断られることを恐れない
  3. アナウンサーのような落ち着いた口調で話す
  4. 客観的なデータや事例を伝える
  5. 自社商品やサービスへの理解を深める

事前調査を徹底する

まず、事前調査を徹底しましょう。

事前調査もせずに電話をかけ、的はずれなアプローチをすれば、企業イメージを損ないかねません。

ホームページのIR情報やニュース記事、プレスリリースなどを確認すれば、会話の糸口をつかめる場合があります。

断られることを恐れない

どんなに頑張っても1件もアポイントを獲得できなければ、自信を失いモチベーションを保てなくなるでしょう。

テレアポでは、話も聞かずに電話を切られることも少なくありません。期待が大きいほど叶わなかったときの落胆も大きくなるので、断られるのを恐れないことも大切です。

失敗続きでも、断られた原因を分析すれば改善点が見えてきます

アナウンサーのような落ち着いた口調で話す

アナウンサーのように、落ち着いた口調で話すことも大切です。

焦って早口になれば、何を言っているか聞き取りづらく相手にストレスを与える恐れがあります。

落ち着いた口調で話しながら、相手の調子に合わせることも意識してください。

客観的なデータや事例を伝える

客観的なデータや事例を伝えると、話の説得力が増します。

実際に自社商品やサービスを利用して、課題を解決できたとアピールすれば、相手の興味を引き出せるかもしれません。

データや事例を伝える際は、具体的な数字を提示するのも有効です。

自社商品やサービスへの理解を深める

自社商品やサービスへの理解を深めることも大切です。

そもそも人に売り込むのに、自社商品やサービスを理解していなければ、心に響くアプローチはできないでしょう。

顧客から質問されたとき、すぐに答えられなければ不信感につながります。

どんな質問にも回答できるように、自社商品やサービスへの理解を深めてください。また、常に最新情報を把握し、知識をアップデートすることも意識しましょう。

まとめ:女性の強みを活かしてテレアポの成功率を高めよう

まとめ:女性の強みを活かしてテレアポの成功率を高めよう

テレアポは、顔が見えないため相手に警戒されたり不信感を持たれたりすれば、話を聞いてもらえない恐れがあります。

優しい口調と聞き取りやすい声のトーンを意識して、相手に安心感を与えることが大切です。

本気で紹介した情報を参考にしながら、テレアポの上手い女性を目指して、より多くのアポイントを獲得してください。

コラム一覧へ戻る

お気軽にお問い合わせください。

メール・お電話にてご説明いたします。

ご相談・お問い合わせはこちらから

お問い合わせ

お電話の場合はこちらから

03-6869-8063

お問い合わせの際は、
事前にプライバシーポリシーをご確認ください。