column
テレアポ業務を効率化!テレアポ管理ツールを活用してみよう

テレアポ業務を行っている営業職の人やテレアポ業務に携わる企業の人にとっては、簡単に効率よくテレアポ業務を行い見込み客を増やしたい、と考えている人も少なくないのではないでしょうか。
膨大な数の顧客リストを作ってまとめて、適宜修正したり情報を共有していくという作業は、時間がかかるうえに作業効率を低下させてしまいます。
そこでおすすめなのが、テレアポ業務に特化したテレアポ管理ツールの使用です。
テレアポ管理ツールを使用することで、作業の効率化を図り見込み客の獲得にもつながります。
今回は、テレアポ管理の機能や商品について詳しくご紹介します。

テレアポ管理ツールについて

テレアポ管理ツールとは

テレアポ管理ツールとは、テレアポを支援する機能を備えたITツールのことです。テレアポの効率化に必要なさまざまな機能を兼ね備えています。
例えば、リスト作成機能では、テレアポ管理ツールがインターネット上から企業情報を収集し、リストを作成してくれます。
トーク作成機能では、あらかじめトーク内容をツール上に設定しておけるので、通話時には設定したトーク内容を見ながら話すことも可能です。
そのほかの機能ではスケジュール管理や進捗管理、スタッフ間でのコミュニケーション機能などもあります。

SFA・MA・CRM
それぞれの意味

SFA・MA・CRMの3つは、営業プロセスにおける活用のタイミングがそれぞれ異なります。

MA

MAとは、マーケティング自動化ツールのことで、商談「前」をサポートするために活用します。
獲得した見込み客にメルマガやウェブサイト、セミナーなどで自社の魅力を伝えて興味を持ってもらい、見込み客のニーズを高めて育成していくためのツールです。

SFA

SFAは、営業支援ツールのことで、商談「中」をサポートするために活用します。
営業担当者が営業に集中できるようにするためのシステムで、売上管理や案件管理に特化した機能を持っています。

CRM

CRMは、顧客管理ツールのことで、商談「後」をサポートするために活用します。
顧客の情報はもちろん、顧客との関係性までも管理できるツールです。
商談成立した顧客との取引関係を、今後も継続していけるように、関係づくりを行っていく役割を担っています。

テレアポ管理
ツールの選び方

自社の具体的な課題を整理

他社と同じ課題ではなく、自社独自で抱える具体的な課題を明確にして整理することが大切です。
そのためには、課題の重要度・緊急度・解決難易度などで整理しておくことが必要となってきます。

必要な機能と
その優先順位を決める

課題解決のためにどんな機能が必要なのかを明確にして、必要な機能の優先順位を決めておく必要があります。
テレアポ管理ツールの導入時期や導入方法などは課題などによって変わってくるため、整理しておくことでスムーズに進められます。

ゴールを明確にする

テレアポ管理ツールを導入する目的は、ツールを使いこなすことが目的ではありません。
テレアポ効率化、売上アップなど、企業への貢献が目的です。
ゴールを明確にするために情報を共有しておくことも重要です。

ツール導入後をイメージする

テレアポ管理ツールを導入したものの、徐々に使われないようになっていくことも十分にありえます。
長く使い続けるためには、導入後から定着するまでのプロセスと、定着してから改善・継続していくプロセスを具体的にイメージしておくことが大切です。
もちろんイメージ通りに進むとは限りませんが、ある程度の流れをイメージしておくことで流れを理解しやすくなります。

テレアポ管理ツールの紹介

テレアポ管理ツールの紹介

ワイドサーチエンジン

ワイドサーチエンジンは、リスト作成ツールのことです。
最新の企業情報をリアルタイムでインターネットからリストアップできるセールスマネジメントツールです。
テレアポ業務を円滑に効率よくこなすために便利な機能が備わっています。
ワイドサーチエンジンのトーク作成機能では、15通りのトークを登録することが可能です。
架電のためトークのノウハウを登録・共有できるので、テレアポ未経験者でも経験者と同じトーク技術を習得できます。
そのほかにも複数のリストを精査してくれるリストクリーニング機能やリスト振り分け機能、スケジュール機能、進捗管理機能など、テレアポに特化した機能があります。
1ユーザー月額980円で使用が可能です。ユーザーごとに適した設定やトークの作成、コンサルティングなどのサポート体勢も整っています。
公式サイト

テレアポ管理システム

テレアポ管理システムは、徹底した営業管理で、効果的かつ効率的な営業活動をサポートしてくれます。
顧客情報を地域別・業種別・担当者別・ランク別などにリスト化して表示が可能です。
そのほかにもテレアポ業務内容の記録、営業履歴リスト表示機能もあるため、営業の進捗状況がわかりやすく複数の営業も効率よく進められます。
公式サイト

商談君Lite

商談君Liteは、テレアポに特化した履歴・顧客・案件管理ツールです。
実際にコールセンターで使用されているアクセス顧客管理ソフトを改修したデータベースで、対応履歴の入力や顧客リストの管理、履歴の管理などができます。
フリーソフトなので、個人利用でも商用利用でも無料でダウンロードして使用が可能です。

Zendesk Chat

Zendesk Chatは、顧客対応に欠かせないチャットツールです。
リアルタイムで顧客対応ができるようになるため、顧客の待ち時間の短縮にもつながります。
ウェブサイト訪問者の可視化ができるので、特定のユーザーに最適のタイミングでアプローチを図ったり、訪問者の行動に応じてメッセージを送信したりすることも可能です。
また、離席している場合には訪問者がメッセージを残せるようにオフラインフォームも使用できるため、顧客の離脱防止にもつながります。
最小構成であれば、1人あたり月額550円から始められます。
無料トライアルもあるため、さまざまなプランを試してみることも可能です。
公式サイト

テレアポ管理ツールの導入事例

A社では、アウトバウンドでの営業を強化するために、リスト管理・見込み客情報の共有・架電数や通話率などのデータの可視可を目的として、テレアポに特化したテレアポ管理ツールを導入しました。
実際にテレアポ管理ツールを導入した結果、

・重複したりバラバラになっていたリストを一元管理できるようになった
・情報を蓄積、共有することにより見込み客との関係性の構築につながった
・架電数や通話率のデータを可視化することで、改善点が明確になり業務改善につながった

という効果を得られました。
また、テレアポ管理ツールが導入され業務が効率化したことにより、月のテレアポ数は約5倍、アポ率は1%台から約3%まで改善を図れました。

まとめ

テレアポ管理ツールについてご紹介しました。テレアポ管理ツール導入後は慣れるまでに時間がかかる、というような心配もあるかもしれません。
そのため、導入前に導入後のイメージをしておくことが大切です。
商品や機能がありすぎてどれを使えばいいかわからないという場合には、無料トライアルを利用することをおすすめします。
ぜひ自社に合ったテレアポ管理ツールを見つけて、導入・活用することでテレアポ業務の効率化を図ってみてください。