column

テレアポのスキルアップに
役立つ本おすすめ10選!

テレアポのスキルアップに役立つ本おすすめ10選!

断られたりすぐに電話を切られたりすることが多くなると、テレアポのスキルアップをしたいと考える人も多いでしょう。
テレアポのスキルアップには、録音して自分の対応を改善したりロールプレイングをする以外にも、本から成果を出している人のやり方を参考にするのも有効です。
そこで今回は、スキルアップのための本の選び方・おすすめ本・本を実務に活かす方法を説明します。

テレアポのスキルアップの
ための本の選び方

まずはテレアポのスキルアップのための本の選び方を説明します。

ロングセラーの本を選ぶ

ロングセラーの本は、一度は読んでおくのがおすすめです。
ロングセラーの本は、長い間人気が高く多くの人が実践して結果を出している本です。
新しい知識や、誰にでも効果が出やすい方法が学べるでしょう。
初心者から上級者までスキルアップには必ず読んでおきたい本です。

成約率の高い社員のおすすめ本を選ぶ

社内で成約率の高い社員のおすすめ本を参考に選ぶのも良いでしょう。
成果を出している人が参考にしている本であれば、同じやり方で成果を出せる確率が高くなります。
また、会社のやり方やルールに適応したやり方である可能性も高いでしょう。
本によっては著者独自のやり方があるため、合う・合わないがあります。
自分にあった本を選ぶには、同じ環境や境遇である先輩のおすすめ本を選ぶことをおすすめします。

現役で結果を出している人の本を選ぶ

できる限り現役で結果を出している人の本を選びましょう。
結果を出している人の本は、著者の実績に裏付けされたやり方を紹介しているので信頼できます。
なるべく現役でトップセールスだった人や、自身がテレアポで結果を残した経験のある人など実績のある著者の本を選びましょう。

テレアポのスキルアップのためのおすすめ本10選

それでは、テレアポのスキルアップのためのおすすめ本を10冊紹介します。

1.「世界一やさしい テレアポ&電話営業の本」

まずおすすめする本は、「世界一やさしい テレアポ&電話営業の本」です。
著者は、メーカーの研究職についた後、営業経験ゼロで教育業界の営業職に転職しています。
そこで数々の社長賞を受賞し、営業コンサルタントとして独立した経歴を持っています。
この本は、そんな著者がかつてテレアポに苦しんだ経験から書かれた本です。
内容は、著者オリジナルのテレアポ法である「ACSTRA」に基づくトーク作成法の紹介や実践についてのアドバイスが書かれています。
電話をかけてもすぐに切られる、ノルマが達成できないなどで悩んでいる人におすすめです。

2.「10秒で決める テレアポ&電話営業術」

2つ目のおすすめ本は、「10秒で決める テレアポ&電話営業術」です。
この本の著者は、1年間で3000万円の資産を作り上げた、日本で唯一の電話営業専門コンサルタントです。
本からは、ゼロから顧客開拓できる、心理学に裏付けられたテクニックが学べます。
独自のノウハウだけでなく、電話営業やテレアポの基本から学べるため、初心者からベテランまでおすすめです。

3.「たちまち7倍アップ!テレアポ魔法の
絶対法則」

3つ目のおすすめ本は、「たちまち7倍アップ!テレアポ魔法の絶対法則」です。
この本の著者は、幼児英語教材の販売会社で3ヶ月でトップセールスとなり、英語教材会社で営業部門の最高タイトルである役職に就いて営業組織の売上を年商20億にした経歴を持ちます。
内容は、「図星トーク」「ちら見せトーク」「明日あさって話法」など独自のネーミングのセールストークや、時間設定の魔法など、独自で開発した営業手法を紹介しています。

4.「超効率的に結果を出す テレアポ&リモート
営業の基本」

4つ目のおすすめ本は、「超効率的に結果を出す テレアポ&リモート営業の基本」です。
著者は過去に人材コンサルティング会社の法人営業職で40回以上の社内表彰を受け、営業スキルやリーダーシップのセッションを行う研修会社の代表取締役です。
この本は出版が2021年10月と比較的新しく、現在増加しているリモート営業につながるテレアポの方法を解説しています。
内容は、断られない電話のかけ方やテレアポの手順の基本、リモート営業への持って行き方などが解説されています。

5.「【契約率76.2%】営業・即アポ」

5つ目のおすすめ本は、「【契約率76.2%】営業・即アポ」です。
著者は営業会社で年間売上1位を達成し、会社を設立した経歴を持ちます。
その後売り上げが落ちどん底になりますが、独自メソッドで売り上げ回復しトップ営業を多数排出しています。
内容は、アポ確率を8.2倍にする独自の「即アポ」メソッドを紹介しています。
6万5026時間の通話を録音・解析して確立したこのメソッドは、会話ロジックを構築しており、科学的な営業術が学べます。

6.「いつも目標達成している人のテレアポ術」

6つ目のおすすめ本は、「いつも目標達成している人のテレアポ術」です。
著者は、人材コンサルティング会社に入社後、数多くのトップセールス賞を獲得しています。
法人向けのインターネットマーケティング支援事業を展開する会社を設立し、テレマーケティング事業も展開していました。
内容は、ターゲットの絞り込みから話術による受付突破まで、アポ取りがうまくいくための秘訣が書かれています。

7.「「まじアポ」を確実に!90秒テレアポ営業術」

7つ目は、「「まじアポ」を確実に!90秒テレアポ営業術」です。
著者は、「たちまち7倍アップ!テレアポ魔法の絶対法則」と同じ著者で、幼児英語教材の販売会社で3ヶ月でトップセールスとなり、現在は企業研修と営業コンサルティングの会社を経営しており、数々の講演をしています。
この本では、90秒で即アポが取れる方法や、契約につながる「まじアポ」が取れるトークスクリプトの作り方が紹介されています。

8.「常に結果を出すテレアポの技術」

8つ目は、「常に結果を出すテレアポの技術」です。
著者は、テレアポをもとに数社で個人成績トップを獲得し、現在は人材コンサルティング会社でマネージャを勤めている経歴を持ちます。
本の内容は、いつでもテンションを上げる方法や、相手の心理を突く言葉など、思いを伝えるアサーティブ話法が紹介されています。

9.「できる人に学ぶテレアポの極意」

9つ目は、「できる人に学ぶテレアポの極意」です。
著者は、約10年のテレアポ経験を活かし、セミナー・講演・コンサルティングなどを行っています。
独自のテレアポ・電話営業のノウハウを公開し、自身も「テレアポ職人」を名乗ってアポインターとして活躍している方です。
「マインド」「リスト」「スクリプト」「話し方」がそろえばテレアポは成功すると提唱していて、本ではダメなテレアポの例を紹介し、ダメな点や改善点を解説しています。

10.「ストレス「ゼロ」のテレアポ成功術」

10個目は、「ストレス「ゼロ」のテレアポ成功術」です。
著者は、テレアポに苦戦していましたがストレス「ゼロ」のテレアポの仕組みを構築したことをきっかけに、トップセールスマンとして活躍した方です。
現在はマーケティング・アドバイザーとして独立し個人経営の会社の営業を支援しています。
本では、自身の経験をもとに編み出したテレアポの手法をもとに、「ムダな電話をやめる」「説得しない」「切り返しトークは一切不要」など、異色のテレアポ術を紹介しています。

テレアポのスキルアップ本を
実務に活かすコツ3つ

テレアポで担当者不在時の対応5選!電話営業のコツも紹介

ここでは、テレアポのスキルアップ本を実務に活かすコツを3つ紹介します。

ノートに要点をまとめてテレアポ中に
見れるようにする

ノートに要点をまとめてテレアポ中に見れるようにすると、成果が出やすいでしょう。
すぐに見れるように、付箋にまとめてパソコンに貼っておいても構いません。
会話しながら見れる情報は多くはないため、要点は簡潔にまとめておきましょう。
テレアポ中も要点を確認できるようにすると、本の内容を実践に移しやすくスキルアップに繋がります。

本を参考にして自分用の
トークスクリプトを作成する

本を参考に自分用のトークスクリプトを作成することも、スキルアップに有効でしょう。
トークスクリプトを作成するためには、まずは本の要点を要約したり参考になるフレーズをリストアップすることも必要です。
テレアポのトークスクリプトは、大きく分けて「受付突破」「担当者との会話」「クロージング」に分かれます。
それぞれの応対を、相手の対応を予測して具体的なトークに落とし込みましょう。

録音した内容を聞きながら本を見返す

録音した内容を聞きながら本を見返すこともおすすめです。
自身の対応を反省・改善することはテレアポのスキルアップには欠かせません。
本を見返しながら、自分の対応のどこに問題点があり、どう改善すれば良いかを考え次回から実践しましょう。

まとめ:テレアポの本で
スキルアップを目指そう

ここまで、スキルアップのための本の選び方・おすすめ本・本を実務に活かす方法を紹介しました。
本でスキルアップを目指す時に大事なことは、読んで終わりではなく読んだ内容を実践することです。
自分に合った本を選び、スキルアップして成約率の向上に活かしましょう。